So-net無料ブログ作成
検索選択

新生児特定集中治療室の赤ちゃんと音楽〜ダニエルの友人で看護婦さんのクリスティンによる [音楽療法]

八ヶ月半の赤ちゃんの新米ママとして、音楽がすでにどれほど私の子供の人生に影響を与えているか、個人的なお話から始めたいと思います。
私の赤ちゃん、ルークを病院から家に連れて帰った日から、私は音楽を聴かせたり、歌を歌ってあげたりしています。(そんなに上手じゃないけど、何だか気に入っているみたい!)私は音楽にそれほど赤ちゃんを落ち着かせるちからがあるとは思っていなかったのですが、ある日、フリーウェイをドライブ中、赤ちゃんが騒ぎ出して、大泣きし始めたことがありました。後部座席には一緒に家族の人が座って赤ん坊をあやしていたのですが、退屈して車の座席にいるのが嫌になったようでした。そのとき、私はダニエルのCD「ララバイ」を取り出してプレイヤーに入れ、ボリュームを上げました。(よく聞こえるように泣き声よりも大きな音で)、そして運を天にまかせました。
すると驚くことに、1、2分でルークは泣きやみ、家族が言うには「とても穏やかな顔つきになって、音楽を聴いているようにみえた」そうです。そして、赤ちゃんは眠りにつき、私はこのうえもなく幸せに感じたのです。

それ以来、お昼寝やベッドタイムのとき、ララバイをかけると赤ちゃんのぐずつきがおさまったので、それは「おねむの時」の大切なお約束になりました。

私は幸運にも何の問題もなく、十分に長い間お腹にいた健康な赤ちゃんを産み、出産の翌日には病院から家に戻ることができました。一方、医療の進歩とともに、非常に重い病いをもった赤ちゃんや、23週という胎児でさえも生きながらえることができるようになりましたが、NICUで何週間も何ヶ月間もすごさなくてはなりません。

医師や看護婦の皆さんが、これらのか弱い赤ちゃんをできるだけ静かで落ち着いた環境で育てようと頑張っておられることは承知していますが、看護婦として様々なNICUで相当期間働いてきた私としては、それは容易なことでないことを知っています。そこでは常にモニターのアラーム音が鳴ったり、どこかでIVポンプのブザー音がしているからです。このような環境は潜在的に刺激過多であり、乳児にとって有害になる場合があります。例えば、泣くことで呼吸器や心臓の鼓動率が上がり、負担が増えるからです。そこでNICUでの音楽療法が、乳児を癒し、入院中のケアをサポートするかどうかの研究が行われています。
sleeping-baby.jpg

続きを読む


お産のとき、一番リラックスする音楽は何ですか?

お産のときに聴く音楽は、お母さんにやすらぎリラックス、エネルギー、インスピレーションを与え、力を貸してくれるでしょう。   ダニエルコビアルカ(音楽芸術博士)

私はよくこの質問をもらいます。お産のときに一番適した音楽はあなたの好みによります。また、答えは一つとは限りません。お産のいろいろな段階でそれぞれ違う音楽が好きだと思うかもしれないのですから…。
一番いいのは、お母さんが赤ちゃんを産むときにリラックスできると思ったものなら何でもいいでしょう。はじめは何を聞いたらしっくりくるのかわからないかもしれないので、まずは手元にあるものから選んでみてください。スローテンポのクラシックやその他の器楽曲を好きな女性もいれば、集中できたり、一緒に合わせて歌うことができる馴染みの歌詞のついた音楽を好む女性もいます。また、力強さ、勇気、忍耐を与える何か意味のある歌詞のついた音楽を好む女性もたくさんいます。

好みにあった音楽をみつけるには…?
当事者3人にたずねてみてはいかがですか?まずは自分、そしてご主人、そしてそう、おなかの中の赤ちゃんに…。3人ともそれぞれの意見を表現できるし、そうすべきだと思います。お腹の赤ちゃんが気に入る音楽は、お母さんにはわかるでしょう。赤ちゃんの動きを感じたり、また、赤ちゃんが心地よいと感じたり、おだやかな感じ、興奮している感じ、不愉快な感じの違いがわかります。

お産の様々な段階になぜ違う音楽が必要なのでしょう?
お産が短い場合もあれば、何時間も続く場合があります。起こる可能のある様々な経験にフィットする音楽を含む非常事態対応策をとっておきたいと必ず思うでしょう。

お産の初期
お産の初期では、まだ家でゆっくりとお風呂につかっているかもしれません。どのような音楽を選ぼうとも、お産が激しい段階の時に比べると、音楽により注意を払うことができます。そんなときには、耳になじんだメロディーがベストだと思います。
お産の初期によくある提案としては暖かいお風呂や、お産から気をそらすようなもの、例えば、ゲーム、読書など軽い活動がいいかもしれません。リラックスする音楽を聴くのはパーフェクトです。
グリーンスリーブズ、ケルティックメドレー(アメージンググレース、蛍の光、ロッホロモンド)などの入った「コビアルカ・ケルティック」は心を和ませ、大きな喜びをもたらすでしょう。もし、子守唄がお気に入りなら、「天使の眠り」「泣き虫赤ちゃん」など「コビアルカ・ヒーリング」の優しいメロディーは、お母さんだけではなく、赤ちゃんのお気に入りの曲になるかもしれませんね。

お産の活発期と移行期
お産の活発期と移行期の間、おそらく周りにあまり気がいかなくなり、自分自身に向かうでしょう。こんな時は気をそらさないようなメロディーの音楽がマッチしています。音楽は病院の騒音や動きをかき消し、陣痛に注意を向ける助けとなるでしょう。
また、妊婦さんは不安や疲労を感じるかもしれません。メロディーのない音楽、つまり終わりも始まりもないような音楽、あらゆる方向に向かっているけれど、単一の分かれた方向がみつからない音楽、「パスレスジャーニー」の音楽がいいかもしれません。

いきむ時のベストミュージック
いきんでいる時が一番サポートがほしいと感じるときかもしれません。安心し、自分のちからを本当に感じる必要があるときです。そんなとき「パッヘルベルのカノン」(「ベストオブコビアルカⅠ」)の地に足のついた力づけや「タイムレススパイラル」(「コビアルカメディテーション」)の平安を快く感じるかもしれません。

産後の音楽
今こそ最もリラックスし、愛のバイブレーションを感じ、やさしく心を和ませる音楽が必要な時…それはあなたを眠りへと誘い、このうえもなくやさしい夢を見させてくれるでしょう。新しい家族の一員と一緒に夢の世界へ行ってらっしゃい。
極上の夢の世界へと誘う「Beautiful World - 愛はすべて」はそんな時にうってつけです。

赤ちゃんがお腹の中で聞いた音楽は、産まれてからも赤ちゃんの心を癒すという研究結果が発表されています。妊娠初期から誕生の音楽を選び、聞き始めてみましょう。あなたのパーソナルな選択が出産をとおして、家族をやさしくリラックスした道へと導くことでしょう。








音楽を聴くときに その3

音楽フォーカスしてください。余分な活動を控えてください。音楽をBGMやただの娯楽だと思わないでください。芸術作品に深く思いを寄せるように、音楽にひたってください。音楽を聞くことと、美しい風景を眺めることを比べてみてください。もし景色を眺める人が「ああ、なんて素晴らしい!」と言うことで何が失われるか、想像してみてください。その人は、岩や木や野原や森や海や空、茶色や灰色や緑色や青い色を見のがしてしまうのです。

今日のお勧めの曲は「マイハートウィルゴーオン」映画タイタニック」の主題曲として有名ですが、
ダニエル「コビアルカ ケルティック」アルバムで取り上げています。


音楽を聴くときに その2

音楽を聞くときは、からだの準備を整えてください。横になったり、すわり心地のよい椅子をみつけたり、楽な姿勢で立ってください。少し、体を動かして、ゆるめてみてはいかがでしょう。コンピューター、電話、携帯電話などを切ってください。リラクゼーションやメディテーションのために音楽を聴くときは、まずその体勢を整えることが成功の秘訣です。

「星に願いを」など胎教におすすめの名曲がたくさん収録されたアルバム「ベストオブコビアルカⅠ」の試聴、購入はこちらからどうぞ。
CODA-0001_140.jpg


音楽を聴くときに その1

音楽を聞くときに、できるだけヘッドフォンではなく、スピーカーを使用してください。子宮の中の胎児のように、私たちは音楽を耳からだけではなく、筋肉や、皮膚、そして骨で聞いているのですから…!

胎教におすすめの音楽①
「星に願いを」
1940年のディズニー映画『ピノキオ』の主題歌としてジミニー・クリケット(コオロギ)が歌った歌。
ダニエルとこの曲との出会いが語られた心あたたまるストーリーにも癒されます。



ベビーマッサージと音楽

若い母親は、ときにオムツや、不規則な睡眠、そして気むずかしい赤ちゃんに圧倒されるものです。マッサージを受けることで自分のストレスを解放し、そして赤ちゃんにマッサージをしてあげることは、二人にとってリラックスと絆を強めるひとときとなります。ベビーマッサージは赤ちゃんを喜ばせ、リラックスさせるだけではなく、また、血のめぐりを良くし、消化や発育を助け、腹痛をやわらげ、乳歯の発達を助け、睡眠不足を解消します。
「胎児及び新生児のストレスリサーチグループ」は「抑うつ症の母親におけるマッサージと母子の相関関係」の研究を行い、抑うつ症の母親が、ベビーマッサージクラスに出席することで恩恵を受けるかどうかを調べました。

ひとつのグループは5回マッサージクラスに通い、別の同様の(コントロール)グループはサポートグループに通いました。テスト期間の最後に、マッサージクラスに通ったグループは、コントロールグループに比べ、著しく抑うつ状態が減り、赤ちゃんとの関係も良くなりました。
心を慰めるマッサージ音楽はリラックスを助けます。音楽は身体の自然の「フィールグッド」化学物質(鎮静物質やエンドルフィン)を刺激することが研究の結果、示されています。この刺激は、血液の流れ、血圧、脈拍、呼吸をよりよくし、姿勢を変化させ、マッサージにより得られるのと同じような結果を多くもたらします。母親と赤ちゃんの両方が、音楽をかけてするマッサージで大きな恩恵を受けることができると言えるでしょう。

                   ダニエル・コビアルカ D.M.A.(音楽芸術博士)
ダニエルコビアルカヒーリングCDショップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。