So-net無料ブログ作成
検索選択
音楽療法 ブログトップ

新生児特定集中治療室の赤ちゃんと音楽〜ダニエルの友人で看護婦さんのクリスティンによる [音楽療法]

八ヶ月半の赤ちゃんの新米ママとして、音楽がすでにどれほど私の子供の人生に影響を与えているか、個人的なお話から始めたいと思います。
私の赤ちゃん、ルークを病院から家に連れて帰った日から、私は音楽を聴かせたり、歌を歌ってあげたりしています。(そんなに上手じゃないけど、何だか気に入っているみたい!)私は音楽にそれほど赤ちゃんを落ち着かせるちからがあるとは思っていなかったのですが、ある日、フリーウェイをドライブ中、赤ちゃんが騒ぎ出して、大泣きし始めたことがありました。後部座席には一緒に家族の人が座って赤ん坊をあやしていたのですが、退屈して車の座席にいるのが嫌になったようでした。そのとき、私はダニエルのCD「ララバイ」を取り出してプレイヤーに入れ、ボリュームを上げました。(よく聞こえるように泣き声よりも大きな音で)、そして運を天にまかせました。
すると驚くことに、1、2分でルークは泣きやみ、家族が言うには「とても穏やかな顔つきになって、音楽を聴いているようにみえた」そうです。そして、赤ちゃんは眠りにつき、私はこのうえもなく幸せに感じたのです。

それ以来、お昼寝やベッドタイムのとき、ララバイをかけると赤ちゃんのぐずつきがおさまったので、それは「おねむの時」の大切なお約束になりました。

私は幸運にも何の問題もなく、十分に長い間お腹にいた健康な赤ちゃんを産み、出産の翌日には病院から家に戻ることができました。一方、医療の進歩とともに、非常に重い病いをもった赤ちゃんや、23週という胎児でさえも生きながらえることができるようになりましたが、NICUで何週間も何ヶ月間もすごさなくてはなりません。

医師や看護婦の皆さんが、これらのか弱い赤ちゃんをできるだけ静かで落ち着いた環境で育てようと頑張っておられることは承知していますが、看護婦として様々なNICUで相当期間働いてきた私としては、それは容易なことでないことを知っています。そこでは常にモニターのアラーム音が鳴ったり、どこかでIVポンプのブザー音がしているからです。このような環境は潜在的に刺激過多であり、乳児にとって有害になる場合があります。例えば、泣くことで呼吸器や心臓の鼓動率が上がり、負担が増えるからです。そこでNICUでの音楽療法が、乳児を癒し、入院中のケアをサポートするかどうかの研究が行われています。
sleeping-baby.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産
音楽療法 ブログトップ
ダニエルコビアルカヒーリングCDショップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。